初診の方へ

こんな症状はありませんか?

  • 食欲がない
  • 元気がない
  • 激しい嘔吐・頻繁な嘔吐
  • 吐き気をもよおすが吐かない
  • 下痢
  • 痛そうな仕草・動作をしている
  • 呼吸が荒い
  • 歩き方がおかしい
  • 多飲・多尿
  • 1回の尿の量が少ない
  • トイレに行くが尿・便が出ていない
  • 抜け毛
  • 口臭がある
  • よだれが多い

など

これら以外にも、何か異変に気づいたらすぐに当院までご相談ください。飼い主様には大した症状でないように思えても、重篤な病気の前兆である可能性があります。動物たちは言葉で異常や不調を訴えることができませんので、飼い主様が敏感に察知してあげるようにしてください。

当院の待合室はワンちゃん・ネコちゃん別室です

当院では、「犬と猫はまったく別の動物なのだから、待合室も分けるべき」という考えから、待合室はワンちゃん・ネコちゃん別室となっています。ワンちゃん専用待合室は広々とした空間で、大型犬でもゆっくりとお待ち頂けます。ネコちゃん専用待合室には、ワンちゃん専用とは別のお手洗いをご用意しています。それぞれの待合室に床暖房を備え付けてありますので、寒い日でも快適です。他の動物が苦手な子や、怖がりな子でも安心して連れてきてあげられます。

初めて当院を受診される方へ

初診時にご持参頂きたいもの

  • ワクチン証明書
  • 過去に受けた検査のデータ
  • 投薬中のお薬

これらをお持ちでしたら初診時にご持参ください。
嘔吐・下痢などの症状がある場合には、その排泄物をお持ちください。
また、血尿や尿が臭うなどの症状がある場合には、その尿をご持参ください。

ご来院頂く前に

普段はおとなしい動物も、知らない場所、特に動物病院に来ると緊張しがちです。予期せぬ事故を防ぐためにも、小型犬やネコちゃんはできるだけケージに入れて連れてきてあげてください。抱っこで連れてくると、他の動物などに驚いて飛び降りてしまう場合があります。中型犬や大型犬は、リードを付けてご来院ください。待合室ではリードを短く持って、ワンちゃんを離さないようにお願いします。

ご予約について

2回目以降の診察の場合はご予約をお取りできますが、予防接種(混合ワクチン、狂犬病)やフィラリア検査ではお取りできませんので、あらかじめご了承ください。
初診の方は、基本的には受付順に診療しますが、治療内容などによって順番が前後する場合がありますのでご了承ください。

初診の流れ

   

1.受付

       

初診の方は受付にてお申し出ください。問診票をお渡ししますので、必要事項をご記入ください。そちらをもとにカルテをお作りします。

初診時にご記入いただく問診票が、ホームページ上からダウンロード出来ます。
初診の方は、下記の問診票(PDF)をダウンロードしてご記入のうえ、ご持参いただきますと、受診から診察までのお時間を短縮する事ができますので、どうぞご利用ください。

2.待合

お名前が呼ばれるまで、待合室でお待ちください。当院の待合室はワンちゃん・ネコちゃん別室ですので、他の動物を気にせずに安心してお待ち頂けます。待ち時間が長い場合には、いったん離れて頂いてもかまいませんが、その際には受付にお声かけください。

3.診察

順番が来ましたらスタッフが診察室へご案内し、診察を行います。

4.検査

診察後、必要と思われる検査があれば、飼い主様の了承を得た上で実施します。検査結果が出ましたら診察室へご案内して、診断や治療方針などをご説明します。

5.お薬の処方

お薬が処方される場合には、薬局でお薬を調合・分包し、二重に確認してお出しします。当院では、お薬の内容や効果、副作用などを記載した説明書を一緒にお渡ししています。

   

6.お会計

       

診療が終わりましたら、受付でお会計をお済ませください。診察券をお渡ししますので、次回ご来院時には診察券入れにお出しください。

お支払いについて

  • 当院では各種クレジットカード払いに対応しています
  • 当院では「アニコム損害保険」と「アイペット損害保険※」の窓口精算がご利用頂けます。ご利用の際には受付で保険証のご提示が必要となりますので、忘れずにご持参ください。(※2018年1月1日~ご利用可能)

往診について

当院では往診も行っています。往診は完全予約制ですので、ご希望の方はお電話などでお問い合わせください。往診の費用は、診察料に加えて、おうかがいする距離に応じて3,000~4,000円頂戴しています。

和泉ブログFacebookTwitter
LINE大阪どうぶつ夜間急病センター大阪動物ERセンター