和泉動物病院ブログ

2019.12.09更新

こんにちは!看護師の増田ですpad

 

前回の松村さん同様、お家のわんちゃんのお話をしてみようかと思いますdogstar

 

 

 

私のお家には、今年で14歳になるコーギーさんがいますleaf

 

 

今大きな病気はしていませんし、とっても元気で食欲はありますし、大きな声で鳴いてもくれますが、

寝たきりのような状態なので、自分では動けません。

 

なので自宅では、どうしたら過ごしやすくなるのかな?とたくさんの工夫や知恵を絞って試行錯誤の毎日ですflower2

少しでも居心地よく過ごしてくれればなぁと思うばかりですdogheart3

 

 

 

介護の仕方やお悩みたくさんあると思います!

みなさんと共有してみませんか?

実際に今、介護されている方や、今後必要になった時のために知っておきたいと思われる方、

ぜひ、当院のシニア教室にお越しくださいglitter

 

 

介護のお話から病気のお話、シニア期に入ったわんちゃんのためになるお話を

たくさんさせていただいておりますので、気になる方はぜひご連絡下さいねstar

投稿者: 和泉動物病院

2019.12.03更新

看護師の松村です(^_^)

 

 

皆さんのおうちの猫ちゃんは

毎日元気に走ったり、遊んだりしていますか?

また、爪がうまく研げずに太くなっていたり

段差運動が苦手になったり

していませんか?

 

 

猫の多くは「関節炎」を持っていると

言われており、その割合は

5~10歳の猫の約7割、

11歳以上で約9割 なんだとか。

 

 

私の実家には

今年の10月で8歳になった猫がいます。

関節炎の話を耳にした頃から

うちの子も早めに痛みの予防を

しないといけないなぁ と

思っていたので

つい先日、サプリメントを購入しました。

軟骨成分のものと、脂肪酸のもの 2種類です。

脂肪酸は抗炎症作用を目的に選びました。

現在、特に症状はありませんが

予防的に始めようと思います。

 

 

 

投薬は毎日のことですから

ごはんに混ぜるなど

生活の一部として

自然な形でストレスなく

続けられれば、それが一番だと思います。

うちの子は、ごはんに混ぜても

粒状の薬は吐き出してしまうので

ひとつはカプセル(開ければ粉状)タイプに、

ひとつはソフトカプセル(穴を開ければ液状)タイプ

にすることで、どうにかバレずに

飲んでくれないか企んでいます…(笑)

 

 

まだ試していないので、

経過報告はまたの機会に

させていただこうと思います。

皆さん、応援してください☆

 

あ

投稿者: 和泉動物病院

和泉ブログFacebookTwitter
LINE大阪どうぶつ夜間急病センター大阪動物ERセンター