和泉動物病院ブログ

2019.11.16更新

 

こんにちは、看護師の山田です

どんどんと冬が近づき朝布団から出るのが辛くなってきました…(笑)

季節の変わり目、皆さん体調を崩されないよう気を付けて下さいshun汗

我が家の猫も寒いのか毎晩夜には布団の中に潜り込んできます

今日はその我が家の猫についてお話したいと思います

今年の夏ごろ、おそらく2ヶ月ほどで保護され我が家にやってきましたpad

猫風邪はほとんど引いていなく元気だったのですが

耳の一部と前足、鼻、お腹にかさぶたと脱毛があり、痒いのかよく舐めていました

そのかさぶたを引っ張るとごっそり毛が抜けます

もしやと思い病院で検査をしてみると「皮膚糸状菌症」いわゆるネコカビというものでした。

ねこかび

上の写真のような状態です

気がつけば私の手足にも赤い円形の赤みが…

皮膚科へ行くと皮膚糸状菌と診断されました

この症状は猫だけではなく犬や人にも感染します

ものすごく痒かったですが処方された薬を塗り、3.4週間ほどで治りました

内服、シャンプー療法の甲斐あって我が家の猫も完治し、今では家中元気に走り回っています笑う

みなさんもおうちにいる動物さんに脱毛やかさぶたを見つけたら気を付けてくださいね

投稿者: 和泉動物病院

和泉ブログFacebookTwitter
LINE大阪どうぶつ夜間急病センター大阪動物ERセンター